事業所ごとの提案精度を高める条件調整機能リリース

2022/10/07

株式会社CareMaker(東京都渋谷区、代表取締役:山村真稔、以下「CareMaker」)は、訪問看護・訪問介護向けスケジュール管理クラウド「CareMaker(ケアメーカー)」において、最短即日から事業所ごとの提案精度を高めるための条件調整機能をリリースしました。<特許出願>

■ リリースの背景

事業所・管理者様ごとで、提案時に求められる希望や条件の個別性が高く、どの事業所でも納得のいく精度を担保することが難しいという課題がありました。

複数の候補日時をご提案差し上げる体験により、スケジュール調整体験自体はご好評をいただいているものの、提案候補1つ1つの精度をより高めるべく本機能の開発に至りました。

■ 機能開発にあたり配慮した具体的な課題

現在のCareMakerは、すでに利用者を受け入れる際に、単純に空いている枠にスケジュールを埋めるだけではなく、「スタッフの性別は女性希望です」など利用者やスタッフの希望条件を叶えるスケジュール調整が可能です。

一方で、実際の現場では、下記のような事業所・管理者様ごとの個別性の高い要件に応じた提案をする必要がありました。

  • 例)移動効率が良いスケジュールは嬉しいが、それ以外の希望条件がある場合には、利用者の希望を優先して提案してほしい
  • 例)スタッフに関係する条件にも配慮はしているが、利用者の希望を優先的に考慮してほしい
  • 例)希望選択しているものの、他にルート効率が良い提案があれば、私たちにとっての発見にもなるので候補に含めてほしい

■ 事業所ごとの個別要件に沿って精度を高める

企業ごとはもちろん、企業内の各事業所ごとで希望条件を指定した際の優先順位付けを設定できるようになりました。これにより、最短即日で期待される精度の高い候補を提案しやすいシステムへと改善されました。

従来のあらゆる関係者間との日程調整業務をなめらかにする体験をそのままに、1つ1つの提案精度を上げる本機能をご活用いただくことで、スケジュール調整業務の効率化に貢献いたします。

随時オンラインデモも受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。よろしくお願いいたします。

訪問看護・介護のスケジュール作成を
AIが自動化

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

資料ダウンロードはこちらから