サービス計画書を考慮した自動候補提案機能リリース

2022/10/18

株式会社CareMaker(東京都渋谷区、代表取締役:山村真稔、以下「CareMaker」)は、在宅医療介護向けスケジュール管理クラウド「CareMaker(ケアメーカー)」において、サービス計画書に記載の他サービス訪問日をあらかじめ反映することができる機能をリリースしました。

■ リリースの背景

利用者の振替シフトを検討する際に、ルートや条件のみならず該当利用者のサービス計画書を参照して、すでに他サービスが入っている日を除いた上で、シフト・スケジュールを組む必要があります。

実際の現場において、他サービス計画まで考慮したスケジュール調整作業の負荷は高い現状があり、この業務を効率化することを目的に本機能の開発に至りました。

■ 他サービス計画を踏まえた自動作成や重複アラートが可能

他サービス計画をあらかじめ利用者情報に登録することで、登録日程を除いた上で自動候補提案ができるほか、間違って他サービス計画に該当する日程に編集した場合にアラートすることであらかじめ重複を避けた調整が可能となります。

本機能により、作成業務の効率化はもちろん、複数回の条件調整やリスケの二度手間を省き、調整業務全体の効率化にご活用いただけます。

随時オンラインデモも受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。よろしくお願いいたします。

訪問看護・介護のスケジュール作成を
AIが自動化

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

資料ダウンロードはこちらから